うつ病って闘って治すものなのだろうか

うつ病闘病記とか克服とかよく見かけていて、
ちょっと思うところがあって、前からこのことについて書いてみたいと思っていました。
というわけで今回は、うつ病って闘って治すものなのだろうかというお話。

うつ病というのは認知の歪みが大きく影響しています。
マイナス思考なんかも認知の歪みにあたります。

心因性うつ病の場合この歪みを修正することが回復につながっていきます。
無意識のうちに修正されていることもあれば、心理カウンセリングなどで
歪みを修正したりと方法は様々です。

これらは力任せにやってどうなるものではありません。
というか力を入れても辛いだけです。

そもそも打ち寄せるストレスや重圧に真正面からぶち当たる必要ってないんですよ。
こういうのはアスリートがやることであって、一般人がやる必要はありません。
ストレスをいかに受け流すかのほうが大事だし大事にするべきです。

負けてたまるかと意気ごむのはいいのですが、
それが空回りしてしまっては元も子もありません。

闘うから、闘わないに考えを変えてみませんか?