投薬がうつ病を招く

病院で診断を受け、薬を処方してもらい、それを服用する。
うつ病の治療法として決して悪いことではありません。

しかし投薬っていうのは適度であるからいいのであって、
いきすぎてしまうと逆効果になります。

症状を完全に抑えたいと思うのは当然のことなんですが、
実際に抑えようと思ったら量も増えますし成分も強くなってきます。

結果どうなるかというと副作用が強く出る。
体の調子にも響いてくるので、それが気分の低下に繋がったりします。
投薬も限度を越えるとそれが、うつ病を招いてしまうということなんですね。

自分個人の体験からすると、いきなり症状を完全に抑えようとするのではなく、
少しずつ抑えながら改善を図っていくのがベストだと思います。

不安だから抗不安薬を出してもらう。
なかなか眠れないから眠剤を出してもらう。
決して悪いことではないのですが、ある程度の症状とはお付き合いしますぐらいの
スタンスで治療に臨んだほうが、いい結果がうまれます。

不安で落ち着いていられない、一睡もできないというのであれば別ですが。
何が許容できて何ができないのか?

自分の許容範囲をしっかりつかみ、
それをもとに医師の判断をあおぎ処方してもらうことがとても大切です。